Archive for 2月, 2011

XR50/100モタードのフロント用のスタンドを作りました。

発売予定日3月30日

価格14,700円

 

 

 

エンジンハンガーと共締めされたアルミプレートを持ち上げて、フロントタイヤを浮かせます。このスタンドを使用すれば、タイヤ交換やウォーマ装着作業だけでなく、ステアリングステムの分解作業も可能になります。単独の使用は不安定ですので、必ずリアスタンドを併用してください。

 

 

リンクプレートの穴位置を変えることでフォークの長さが違うXR50/100モタードとエイプ50/100の両方に対応します。

写真のピッチの短いほうの穴は、XRモタードにNS-1用フォークを組んだ仕様とノーマルのエイプに対応します。写真で使用していないピッチの長いほうの穴は、ノーマルのXRモタードに対応します。

リアを8cm持ち上げられるリアスタンドに合わせて作ってあります。

この縞板を踏むと簡単にリフトアップします。踏みやすいように幅は120ミリにしました。また、使用時につまずいても板の端でブーツなどを傷めない様に外側半周に丸棒を沿わせてあります。

 

 

 

スタンドをマシンの下に手でセットして、そのまま手で押し下げようとしても重くてちょっと困難です。板の付いているアームをもっと長くすればいいんですが、そうするとリフトアップしたときアームが横に出っ張って邪魔になります。そこでタイヤレバーを引っかけて、手でも容易に操作できるようにしました。