Archive for 5月 9th, 2016

いよいよサイドバッグの取り付けです。

まずは車体にあてがって位置を決めます。

この製品はシートにつけっぱなしにした二つのジョイントパーツに、ワンタッチバックルでバッグを脱着できるようになっています。

長いループ状のゴムベルトでジョイントパーツをシートに装着するようになっていますが、面倒なのでここは迷わずゴムベルトを短く切ってタッピングビス止め。タッピングビスはドライバーでねじ込むだけです。下穴加工は不要です。

ビス止めなので位置がずれることはありません。

バッチリです。

サイドバッグを左側につけることにしたのでヘルメットホルダーも移設が必要になりました。

どこでもよかったんですが、ハンドルバークランプの間にちょうどいいスペースがあったのでここにしました。

深く考えなかったんですが、ここ結構いいかも。

バイクを駐車する一連の動作

・停車エンジンストップ

・ハンドルロック

・ヘルメットを脱ぐ

・ホルダーにロック

がバイクに跨ったままでできることに気付きました。

そしてもう一ついいのが、ヘルメットをライトケースの上に置けることです。

車体の横にぶら下げておくと、駐輪場で隣のバイクや人に当たったりすることや、雨や埃が入ることは避けられませんが、ライトケースの上ならかなりリスクを回避することが出来そうです。

ヘルメットホルダーを裏から固定するボルトに工具がアクセスできないようにベースの板に折り返しをつけておきました。

このバイク、二人乗りはしないのでテープでマーキングしたところより後ろは要らないんだけど。

切って長さを詰めればキャリアやボックスのスペースに使えると思ったけど、シートの固定金具まで無くなっちゃうので今回はパス。

また夏休みにでも考えよう。

そもそも、金属以外の加工はちょっと・・・・・