スパーダ(40PS)にMC15(43PS)の純正マフラーを装着します。ダイノマシンで測定してマフラー交換のメリットの有無を確かめます。

先ず不要な部品を切り取ります。

エンジン下のステー。

 

 

 

 

 

センタースタンドストッパー。

 

 

 

 

 

前半部分を組みつけてサイレンサーをあてがってみます。

ステップホルダー下部が干渉してサイレンサーが付けられないので、ステップホルダーを固定ボルトのピッチ分、上に仮止めしてサイレンサーを差し込みますがまだ当たります。でも、サイレンサーを少し凹ませればいけそうなレベルです。

 

 

当たり前ですがステーの位置も合いません。

マフラーの加工は中断して、ステップの移設を先にやることにします。最小限のコストでできるバック(アップ)ステップです。

 

つづきは後日。

Leave a Reply