スパーダのチェーンスライダーは廃番で入手不可です。これが無いとスイングアームがドライブチェーンと当たって削れてしまうので、年式の新しい別車種の部品がつくように加工します。ついでにチェーンケースも最近の車種のものに替えます。サーキット走行では必須のスプロケットガードベースと、スタンドフック装着用のナットも溶接します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加工完了。組んだパーツを外し、オイルシ-ルとベアリングを抜いて塗装行きです。

Leave a Reply